日々進化する パソコンの高性能化がスゴイ

パソコンのトラブルはハードが原因の可能性あり

以前からパソコンでオンラインゲームをしていました。ある日、画面が非常に粗くなり、カクカクなるようになりました。私はパソコン初心者ですので、ウィルスでも入ったのかなぁとウィルススキャンを頻繁にするようになったのですが、一向に直りませんでした。

自分ではどうすることもできないと思い、近くのパソコン工房に持ち込んだところ、ソフトではなくハードに原因があると診断されました。ネジをはずして中を覗いて見ると埃だらけで、これがパーツを痛める要因になったようです。そして、店員さんは慣れた手つきで一つ一つ分解し始めました。不具合の原因はどうやらグラフィックボードというものにあるみたいです。念のために、全ての埃を大きなエアダスターで取り除いてもらい、パソコンをいつものように起動してみましたが、やはり画面は粗いままでした。そこで、私がプレイしているオンラインゲームの推奨スペックを考慮した上で、安目のグラフィックボードを紹介してもらいました。ファンや他の部品もかなり痛んでいたようで、全て交換しないと他のパーツが痛みやすくなると説明されましたが、予算の都合で今回はグラフィックボードの交換だけをお願いしました。

その結果、無事に画面の不具合は解消されました。それは診断料を支払い、パーツを払ったので当然の対価だとは思いますが、ハードについて何もわからない私に一つ一つ時間をかけて説明してくれた姿勢に感動しました。皆さんもパソコンのトラブルが起きた場合は、一度専門店に相談してみてはいかがでしょうか。多少お金はかかりますが、それ以上の知識が得られると思います。

Copyright (C)2017日々進化する パソコンの高性能化がスゴイ.All rights reserved.